ご近所挨拶はどうしたら?

「引越しをしたときの挨拶はするものなの?」とよく耳にします。
今回は、簡単ではありますが挨拶についての説明をしたいと思います。

 

基本的には挨拶をするのがマナーです!

結論からいってしまえば、基本的には、やはりした方が断然よいです。
「したくないからしない」という程度の考えであれば、強く挨拶をすることをオススメします。
挨拶ができない致し方がない理由がない限りした方がよいです。

何よりも大切なことは「知ってもらうこと」

「近所付き合いをしろ!」というわけではありません。
昨今、近所付き合いは最低限でよいという考えが多くなってきています。
ただ、何かとご近所さんには知っておいてもらった方がよいこともあります。

 

例えば、こんなことを説明しておくと良い場合も。
・子供が幼く夜泣きでうるさくしてしまう可能性があること
・夜勤がある仕事で深夜にうるさくしてしまったり、昼間の変な時間に在宅していること

 

「そこまでする必要があるの?」と思うかもしれません。
そこまでする必要があるから、引越しの挨拶とは重要なのです。

引越しの挨拶品は何を持っていけばよいの?

基本的には、常識あるものであれば、何でもよいです。
特に腐らないものだったり、日常生活でよく使う消耗品などが好まれる傾向です。

 

最近では、1,000円程度のカタログギフトを贈る方も見えるようです。

新築一軒家の場合はさらに重要になる挨拶

夢のマイホーム。
良い言葉ですよね。
ただ、せっかくマイホームを建てたのに、ご近所さんと上手くやっていけなかったら、
その後は悲惨な人生が待っています。何事も最初は肝心といいます。

 

身動きが取れないような状況になるのであれば、特に丁寧にご近所さんに挨拶をしておきたいところです。

もし不在の場合は挨拶状を投函しておく!

引越しの挨拶をしに何度かいっても、どうしても不在という方はいます。
生活のリズムが違ったりと、世の中にはさまざまな生活スタイルがあります。
そういったときには、挨拶状を投函しておくとよいです。

 

今では、ネットでテンプレートがいくつも手に入るので、それをそのまま利用するのもよいですし、
少し変えてもよいでしょう。さらに、自筆で一言添えておくと、なおよいです。