効率の良い荷造りの方法

引越しの料金を少しでも安くするために荷造りを自ら行う。
このように判断したのはよいけど、実際にやり始めたら、あまりにも大変で心が折れそう。

 

よく耳にする状況です。
荷造りとは、本当に重労働で、家族のように大人数での引越しになると、大変さは比例して増していきます。
ということで、ここでは荷造りをするためのテクニックを紹介していきます。

 

実際に役立つ荷造りのテクニックは?

先の話は、あくまで心構えです。
以下よりは、より役立つ実践的なテクニックを紹介していきます。

 

荷造りは玄関から一番遠くの部屋から始める

玄関から荷造りを始めてしまうと、荷物が邪魔になってしょうがありません。
玄関とは、人がよく行き来するところです。
そこに、荷造りしたダンボールがあっては、ストレスになってしまいます。
最悪の場合、通れなくなってしまうことも。
したがって、一番遠くの部屋から荷造りするようにしましょう。

 

重いものは小さな箱・軽いものは大きな箱

荷造りの基本です。
重いものを大きな箱に入れてしまえば、運搬することができません。
このようなことを防ぐためにも有効な手段(目安)になるため、意識してみてください。

 

荷造りは部屋単位で行うこと

ダンボールを持って部屋を行き来すること、荷物を持って部屋を行き来することは、かなり負担になります。
単純に、部屋単位で行うことでモノが一か所に集まりやすくなるメリットもあります。
荷解きのときに「あれどこにあったかな?」と必ずなるので、そのときに目安となるのでオススメの方法です。

 

ダンボールに入る電化製品は必ずコードもセットに

コードを別の箱にしまってしまうと、荷解きをしたときに「このコードはなに?」となってしまう可能性が大きいです。
ダンボールに入れるような電化製品は必ずコードもセットにしておかないと、1つ1つダンボールの中を探す羽目になります。

 

大前提は「とにかく放り込むこと」です!

荷造りで失敗してしまうパターンの多くは、引越し先ではキレイにしたいため不要なものは捨てたいという心理が働くからです。当然のことですし、そうあるべきだとも思います。

 

しかし、あまりにも神経質になりすぎると、1つのモノに対して、かなりの時間が掛かってしまいます。
要は、1つ1つにいちいち「捨てるor捨てない」の判断が出てしまうわけです。
最悪の場合は、かなりの時間を悩んでしまうということです。

 

なので、即決できないのであれば、とりあえずダンボールに入れてしまうことです。
捨てる・捨てないは、引越し先でゆっくり決めるのも1つの方法です。
ここで伝えたいのは、とにかく先に進まないと終わらないということです。

 

他にも「思い出の品」という大きな壁が立ちはだかる

引越しに限らず、模様替えや大掃除などで、よく見られる傾向です。
思い出の品が出てくると、ついつい見てしまい、思い老けてしまう現象です。

 

思い出の品とよく似たものに、漫画本もあります。
ついつい読み始めて止まらなくなってしまう現象です。

 

こういうこともあるので、とにかく放り込んで先に進むように心がけましょう。