格安引っ越しについて

引越しの「安さ」とは何でしょうか?

 

言葉の定義を知りたいわけではありませんが、
自分自身の心構えをはっきりさせるために、一度そう考えてみた方がいいと言えるでしょう。

 

「安ければいい」というだけでは、痛い目を見てしまう場合もあるからです。

大事なことは「コストパフォーマンスをどのように考えるか」

「引越し業者に対して、何を求めるのか?」「どこに重きを置いて業者を選ぶのか?」がポイントになってきます。
これがコストパフォーマンスに繋がります。

 

一番意識しなければいけないことは「値段の割には素晴らしいサービス」ということです。
「値段」と「サービスの質」これらのバランスがとれている状況がベストです。
「安すぎて怖い」と感じる感覚も必要です。

同じ10万円のサービスでも質によって高い・安いが変わる!

引越し業者は、大手・中堅をはじめ、地域密着型の小さな業者、さらには宅配業者まで絡んできます。
そして、各々に長所短所があります。
したがって、10万円という全く同じ料金を支払ったとしても、サービス内容は全く異なります。

 

「10万円にしては質の良いサービスで満足」と感じることもあれば、
「質の悪いサービスで高い」と感じることもあるわけです。
このように同じ10万円だったとしても、感じ方ひとつで、安い高いが変化することも頭に入れておかなければなりません。

 

安ければ安いほどいい」では最終的に損をすることだってある!

例えば、賃貸アパートから新築一軒家に引越しをするとします。
A社は10万円で、B社は9万円の料金でした。
当然、安いためB社を選択します。

 

では、このようなことがあったら、どう感じますか?
引越しをしている最中に、新築一軒家の壁にキズを付けてしまいました。
B社の対応は、ちょっとした粗品を用意して「申し訳ございません」と平謝り。
A社の対応は、業者自身がいざというときのために保険へ加入していたため業者側の全額負担で修復。
たった1万円の差で、これほどの大きな差がでる場合もありえます。

 

安さだけに目が行くと、思ってもみないトラブルに発展する可能性があるのです。
だからこそ、引越し業者を選ぶ際には、コストパフォーマンスについて改めて考える必要があるわけです。