引越し前・引っ越し後の必要な手続きについて

引越しは面倒なことが多いですが、さまざまな手続きも、その1つだと思います。
以下に効率よくするのか?を判断するためにも、引越し前・引越し後に行うべき手続きなどを簡単に紹介します。

 

引越し前にすること

転出・転居届

役所へ足を運び、指定される書類に記入し提出。
そうすると転出証明書が発行されます。
この転出証明書は、転入先で必要になるため、大切に保管しておいてください。

 

印鑑登録の廃止

意外に知られていないのが、この印鑑登録。
印鑑登録証を返還すると廃止届が発行されます。
転出予定日で自動的に削除されます。
転出届と同じタイミングで手続きを行うようにしてください。

 

国民年金・国民健康保険

健康保険に加入している方が必要となる手続き。
国民健康保険証を返還します。

 

福祉・医療などの手当て関係

地方自治体によって、細かくことなるため一概には言えません。
ただ児童手当を始め、何かしらの手当てを貰っている場合は、手続きが必要となります。

 

郵便の転送届

1年間無料で転送をしてくれるため、非常に便利なサービスです。
ぜひ活用してみてください。

 

ライフライン関連の手続き

水・ガス・電気関連の手続きも必ず行わないといけません。

 

手続きに関しては、インターネットで可能なので、
引越し日が確定したら少なくとも2,3日前には行っておきたいところです。

 

通信関連の手続き

電話・インターネット(プロバイダ)・テレビ関連なども引越しの手続きを行う必要があります。
しっかりと手続きを行っておかないと、最悪の場合、かなりの時間利用ができない状況になってしまいます。

 

引越し後にすること

転入届

引越しして14日以内に手続きを行わなければなりません。
役所へ足を運んで、所定の書類に記入し提出するだけです。

 

印鑑登録

改めて印鑑登録を行います。
こちらも、役所へ足を運んで所定の書類に記入し登録をします。

 

ちなみに、役所とは「市役所」や「市民センター」などを含めた意味です。
手続きによっては、いちいち市役所にいかなくとも、最寄りの市民センターなどで手続きが行えます。

 

国民保険

役所で、所定の手続きを行うことで新しく発行されます。

 

諸所の登録内容を変更

車庫証明書や、自動車・バイクの登録変更届も必要となります。

 

諸所の住所変更など

クレジットカードや免許証など、諸所の登録内容も変更しなければなりません。
漏れなく届出をするようにしましょう。
金融関連は、最近、インターネットでも簡単にできるようになっています。
各々で確認してみてください。