賃貸不動産による引越し業者の紹介

賃貸アパートのような、賃貸物件から引越しをするとき、こんなことがよくあります。
不動産業者が、引越し業者を勧めてくることです。
実は、この勧めてくる業者を上手に利用すると、意外にも値段を安くできることもあります。
その方法を紹介したいと思います。

 

何故、不動産業者は引越し業者を勧めてくるのか?

そもそも、引越しをするとき不動産業者は、なぜ引越し業者を勧めてくるのか?気になりませんか?
答えは単純明快で、紹介した引越し業者から紹介料を貰えるからです。
要は、退去時にも利益を上げられるというわけです。

 

なんだか、納得のいかない話ではありますが、利用する私たちもお得になることもあるのです。

紹介された引越し業者は下手なことができない

引越し業界の特徴として挙げられるのが「固定客を確保できない」ということです。
頻繁に引越しする人は少ないですからね。
したがって、このような紹介は重要な意味を持つのです。

 

もし、このときに利用者から不動産業者にクレームが入ったら、二度と紹介してくれない可能性もあるのです。
なので、基本的には上質なサービスや安い料金で、引越しをしてくれようとします。

 

ベストは同時に一括見積もりも利用して相見積もりさせる

ベストは、紹介されたとしても、手を抜かずに、相見積もりをさせることです。
一括見積もりの中に、紹介された業者がいても構わず重複させてもらってもよいです。
むしろ、重複させた方が、よいことが起きる可能性もあります。

 

この方法がベストな理由は、一括見積もり側の業者と、紹介された業者で腹の探り合いをしてくれるからです。
実は、一括見積もり側は、意外とお互いの見積額を知っています。
なので、見積額をコントロールしやすいメリットを持っています。
しかし、紹介された業者がいると「いくらで見積もったのか?」ということが全く分かりません。
結果、腹の探り合いが始まり、安い値段の提示合戦になるのです。

 

後は、利用者が選ぶだけとなります。

 

賃貸物件から賃貸物件の場合にチェックしておきたいこと

引越し料金とは関係ありませんが、お得なことができるテクニックがあります。
かなり限定的になりますが、もし以下の条件に当てはまるときは、交渉してみる価値はあります。

 

引越し先の賃貸物件が、引越し前の賃貸物件と同じ不動産業者が扱っている(エイブルの物件からエイブルの物件など)場合は交渉する価値があります。
または、引越し先の物件を同じ不動産業者の物件(エイブルからエイブル)と、違う不動産業者の物件(エイブルからアパマンショップ)と迷っている場合。

 

このときは、礼金や引越し料金などを交渉してみましょう。
安くできないのであれば、他の賃貸業者にお願いする!のようなイメージです。
そうすると、意外と安くしてくれることもあるので、限定的ではありますが、交渉してみるとよいでしょう。
確率的には「引越し先の不動産業者」の方が安くしてくれる傾向が強いです。