敷金の返金について

今回紹介する引越しの料金を安くするポイントは、賃貸アパートから引越し場合の方だけが対象となります。
そのポイントとは、敷金のことです。
敷金をしっかりと返してもらうことで、間接的に引越し料金を安くしようということです。

 

敷金って戻ってくるの?

入居時に、敷金を支払っていれば、大いに戻ってくる可能性があります。
(敷金を払っていなければ、退去時、逆に支払わないといけないケースもあります)

 

結構な割合で「敷金が戻ってこなかった」なんて話を耳にします。
実は言いくるめられてしまっている可能性があります。

 

ポイントは「賃貸人(住んでいる人)に原状回復義務がある」ということ

簡単に言ってしまえば、入居時のような状況に回復する義務があるということです。
回復するために、敷金が必要となってくるわけです。

 

しかし、この「原状」という言葉がキーになります。
そもそも原状回復とは、賃貸人が汚してしまったり、壊してしまったりしたものを言います。
例えば、壁に時計を吊るすために大きな穴をあけたり、子供が壁に落書きをしてしまったりと、このような場合です。

 

逆に原状回復の対象とならないものは以下のようなときです。
家具の起き跡、壁の日焼け、部屋のクリーニング費用などです。
これらは、実は賃貸人側は負担せずによいです。
にも関わらず、言葉巧みに、納得させれてしまうのが多いようです。

 

もっと知りたい方は国土交通省のガイドラインを参照!

国土交通省のガイドラインに「原状回復をめぐる回復とガイドライン」というページがあります。
これは、どちらにどのような修復義務があるのか?を細かく記載されています。
難しい話ではないので、引越し前に目を通しておくとよいと思います。

 

 

敷金のほぼ全額が返金されるケースも!

稀にですが、非常にキレイに部屋を使ったおかげで、敷金のほとんどが返ってきたケースもあります。
繰り返しになりますが、このようなケースであっても敷金を返してくれない方も、残念ながら見えます。

 

もし「○○が修復が必要だから敷金から差し引く」というようなことを言われたら、すぐさまガイドラインをチェックしてみましょう。その場でチェックすると、より効果的です。

 

限定的な話だけど物凄く費用を抑えられる1つの方法

賃貸アパートで、かつ敷金を支払っている、加えて部屋をキレイに使っている。
このように、かなり限定的なテクニックになってしまいますが、効果のほどは絶大です。
ぜひとも、実践してみてください。