引越しシーズンによる料金の違い

引越しの料金を安くする方法の中でも、有効性があるのが、ここで紹介する「シーズンを利用した安くする術」です。

抑えておきたいのは忙しいシーズンと料金の関係は?

引越し業界にも、忙しいシーズンがあります。
それが春先です。

 

要は年度が替わる4月1日向けて、新生活をする方が大勢おり、さらには引越しする人が非常に多いからです。
具体的には、2月後半から4月前半です。
これが、引越し業界でいう繁盛期。

 

そして、言葉は悪いですが、この時期は放っておいてもお客さんは利用してくれます。
結果、さほど値段を安くしなくても、契約ができるというわけですね。

 

逆に暇なときと料金の関係は?これが料金を安くできる方法

暇なときは、当然、契約がほしいため料金を安くして何とか売り上げを上げようと努力します。

 

従業員が暇を弄んでいるような状況では、収益を上げられないにも関わらず、
人件費は払わないといけないことに。経営する側にとっては、避けたい状態というわけです。

 

なので、4月から新生活のために引越しするのであれば、許す限り早く引越しをしたいところ。
可能であれば年明け早々に引っ越すとよいでしょう。

 

もし、とくに時期にこだわらないのであれば、夏・秋など暇な時期を狙うとよいことは言うまでもありません。
だからこそ、料金を確実に安くできる有効性のある方法というわけです。

 

値引き合戦も激しくなる傾向がある!

利用者にとっては嬉しいことがあります。
それが、相見積もりをお願いすると、繁盛期よりも値引き合戦も激しくなる傾向があるということ。

 

先に説明した通り、暇なときはどうしても契約が欲しいわけです。
チャンスを逃してしまうと、次がいつくるか分からないからです。
繁盛期であれば、直ぐにでも次の案件が出てくるため、逃しても大きな痛手ではないのです。

 

なので、業者としては是が非でも契約をとらないとダメなわけです。

 

どうしても繁盛期に引越しをしないとけいない方は地域業者を中心に!

引越しとは、なかなか好きな時期を選べないものです。
中には、どうしても繁盛期とかぶってしまう方もみえると思います。
そういうときは、地域業者も相見積もりに本格参戦をさせるとよいでしょう。

 

地域業者は、いくら繁盛期といえども、大手業者に多く契約がとられてしまいます。
対抗する手段として、やはり値段を安くすることで勝負ができるようになります。
したがって、繁盛期には必ず安さ勝負をしてくれる地域業者を入れるようにしましょう。

 

余談ですが、平日や夕方からのように中途半端な時間での引越しも料金を安くすることができます。
土日に引越しが集中するため、細かな目でみれば、ここにも安くできるテクニックがあります。