引越しで失敗しない為には?

引越しとは奥が深いものです。上手く事が運ぶことはそう多くはありません。
どうしても、何かしらのトラブルが発生したり、サービス内容が気に入らなかったり、
そして値段に関しても後悔があったりするものです。

 

ただ、知識があれば、その多くが未然に防げることも事実です。
「備えあれば憂いなし」とことわざがある通り、事前に注意しておけばスムーズに引越しを行えるでしょう。

 

ここでは、引越しをする前に抑えておきたいポイント、失敗しないためのポイントを紹介します。

 

「どのような引越しになるのか?」をはっきりさせる

「漠然と引越し」という曖昧な状況は好ましくありません。
一番、失敗する可能性を秘めている状態です。

 

引越しというものは、引越しする方の特色で大きく表情を変えます。
例えば、1人暮らしの短距離引越しと、4人家族の長距離引越しでは、比較するのがむなしく思えるほど別物です。
したがって、自分自身がどのような種別の引越しになるのかを、はっきりとさせておきましょう。

 

この内容を踏まえて、安くする方法だったり、節約する方法だったりを調べていきます。
いわば引越しの設計図を作る作業になります。

 

引越しの準備は早い時期から開始する

夏休みの宿題のように「追い込み」で作業を行うと、引越しの場合、損をする可能性が大きいです。
どうしても急いでしまうため、妥協してしまったり、業者選びの熟考ができなかったり弊害が多くあることが理由です。
なので、引越日が早い段階から分かっていれば、それに向けて早目の始動を強くオススメします。

 

例えば、業者の見積もりが多くとれて、比較ができ、さらには交渉する時間的な余裕があることーこれは、
大きなアドバンテージとなります。
業者としては、熟考されずに即決して欲しいですからね。
反対に、時間がなく即決に近い形にしてしまうと「安い業者」を取り逃してしまうわけです。

 

他にも大きな影響を及ぼす可能性があるため、余裕をもったスケジュールを立てることをオススメします。

 

大まかでよいので相場を頭にいれておく

見積もりのときに役立つ情報のため、おおよその相場を知っておくとよいでしょう。

 

参考までに、簡単な相場を以下に記載します。
引越し料金は、荷物量(○tトラック)と移動距離で概ね決定します。
まずは、そこから相場を調べるとよいです。

 

荷物量と移動距離15km以内の相場

単身(1tほどの荷物)

6,000〜8,000円

 

2人(2tトラックで収まる荷物)

10,000円〜50,000円

 

3人(3tトラックで収まる荷物)

40,000円〜80,000円

 

4人〜(4tトラック以上の荷物)

50,000円〜

 

引越し業者の特徴やサービス内容を知っておく

引越し業者の多さに驚かされます。
それほど、さまざまな業者が存在し、その数だけサービスの内容があります。
「引越し」という仕事に変わりはありませんが、アフターサービスの充実だったり、
作業中のサービスだったりと、細かい部分では差があります。

 

自分自身がどのようなサービスを求めるか?はっきりさせるため、引越し業者の特徴を押さえておくようにしましょう。
業者選びは、取捨選択を繰り返す作業のため、基準となるもの、望むものがあれば効率的に行うことができます。

トップへ戻る