引越し業者を選ぶ時の基準とは?

数多くの引越し業者の中から1社だけを選択するのは、なかなか大変です。
サービスの内容や値段はどうか、コミュニケーションがしっかりととれるかなど、確認すべき点はいくつもあります。
いずれも甲乙つけがたく思え、「どうやって選んだらよいのか?」混乱してしまいます。

 

以下は、このような混乱しないためにも、引越し業者の選び方についてポイントを3つ触れていきたいと思います。

 

補償内容がしっかりとしている業者を中心に選ぶ

どれだけ引越しの技術に長けているとしても、何かしらのトラブルはつきものです。
トラックで荷物を運搬中に貰い事故をしてしまった場合などは、不可抗力のトラブルといえます。

 

では、このとき被害が出てしまった荷物は、
誰がどのように補償をしてくれるのかをはっきりとさせておきたいところです。

 

よい引越し業者は、この手の補償が非常に充実しています。
そして共通して言えることは、保険の加入を薦めてくれたり、どのような補償があるのかを懇切丁寧に教えてくれたり、と、引越しにおけるリスクと向き合ったサービスを提供してくれます。
「要は、いざというときに頼りになりますよ。」ということをアピールしてくれます。

 

注視すべきところは「料金」と「サービス内容」のバランス

引越し業者を選ぶときは値段だけでなく、バランスも考慮すべきです。
あまりにもバランスの悪い料金であれば、警戒する必要があります。

 

もし、目の前にロレックスの時計が売られていたとします。
売値は100円だったら、どう感じますか?
やはり怪しいですよね。(買う買わないは別ですが)

 

引越し業者も同様のことが言えます。
サービスの内容に対して、あまりにも安い値段だった場合、何かしらあると思うことが大事です。
このような業者は避けた方がよい場合が多いのです。

 

「直感」を信じることも大切

引越し業者を選ぶ際には、意外と大事になるのが直感です。
ただ根拠のない直感ではなく、いろいろな情報を得た結果、導き出された直感のことです。

 

例えば、引越し業者に見積もりの依頼をしたとき、営業マンが実際に家に足を運ぶことになります。
言い方を変えると、見積もり時に業者との接触ができるということです。
ここで、営業マンがしっかりとコミュニケーションが取れる人か?生理的に相性がよい相手か?などを見極めます。
値段交渉をする上で、窓口はこの営業マンになるため人と人との付き合いの直感が大事になります。

 

あくまでこれは一例ではありますが、他にも直感に頼らなければならないシーンはいくつもあるでしょう。
しっかりと情報を吟味した上で、自分の直感を信じてみるのも悪くありません。

トップへ戻る