一括見積もり利用法

引越しの料金を少しでも安くする。このような大義があったとしても、途中で面倒になってしまうことも多々あります。
面倒になれば、最終的に値段交渉もほどほどで「まっ、いっか」と契約してしまいます。

 

ある意味で、営業マンは、この「まっ、いっか」を狙っている部分もあります。
このような手に乗らないためにも、手っ取り早く値引きが引き出せる方法を紹介します。

 

 

やはり引越し一括見積もりサービスは有効な手段

ネット上で流行している一括○○サービスを利用することが、手っ取り早い方法の1つといえます。
引越しに関しても「引越し一括見積もりサービス」が存在するため、これを利用します。

 

このサービスの大きなメリットは、短時間で安い業者を見つけることができること。
そして、実際に見積もりを行うときに、値引き交渉の材料になること。
この2点が挙げられます。
スピーディーに手数を少なく値引きをすることができるので、面倒なことが嫌いな方にはうってつけです。

 

ただし、注意したい点があります。
それは「完璧ではない」ということです。
一括見積もりサービスは、あくまで概要となる見積もりをしただけです。
細かな内容は、やはり実物を見て決めないといけないため、値段が全く違ってくることも多くあります。

 

したがって、思ったほど効果が得られないため、可能であれば、一括見積もりをしてからも、即決はしないことが好ましいです。この見積もりを元にじっくりと交渉をすることがベストといえます。

 

強者は営業マンをわざとブッキングさせる!これが本当のテクニック!

引越しの詳しい見積もりを出すためには、引越し業者の営業マンが実際に足を運んで査定をする必要があります。
その上で、「この値段でどうですか?」と見積金額を提出してくれます。
そして、安さを求めるのであれば、当然、相見積もりをさせる必要があります。

 

これがかなり面倒な作業になります。
業者1つに1つにアポイントをとり、さらに、実際に家をチェックするときには立ち会わなければなりません。
したがって、拘束時間も長くなってしまい疲れることは必至。
結果、相見積もりは面倒な作業で冒頭のような「まっ、いっか」の状態になってしまうわけです。

 

そこで、とある方が各引越し業者へ、わざと同じ時間に見積もりをしにきてもらえるよう仕向けました。
狙いは営業マンが一同に集うことです。これで、拘束時間も短くなり自分自身の負担が軽くなります。

 

そして、本当の狙いはここです。その場で相見積もりを思う存分を行うのです。
正直なところ、万人受けするような方法ではありませんが、非常に合理的な値引き交渉といえるでしょう。
見積もりの金額が気に入らなければ、直ぐに待機させている他社にお願いをするだけですからね。

 

とはいえ、ここまでできる方はそうはいないと思います。
現実的には、一定の業者(2社ぐらい)に目星をつけて、直接対決させる方法であればハードルが低くなります。

 

くどいようですが、このテクニックは本当に効果的です。
もしブッキングさせることに抵抗がない方は、ぜひとも実践してみてください。

トップへ戻る